バミューダ観光局の事例【Googleマップ最適化とGoogleストリートビューを導入】

バミューダ観光局の事例【Googleマップ最適化とGoogleストリートビューを導入】

MEO対策とGoogleストリートビュー撮影は、観光地のPRにも注目されています。

このたび、観光の魅力をより広く発信するためのマーケティング施策として、バミューダ観光局はGoogleマップを最適化しました。
いわゆるMEO対策ですね。

さらに、バミューダ諸島内のGoogleストリートビュー撮影を行い、バーチャルツアーができるようにしています。

360度自由に見回せるので、観光地の景観・雰囲気がイメージしやすくなります。
旅行の楽しさが想像できますし、旅行の契約も立てやすくなりますよね。

撮影したmiles PARTNERSHIPさんのウェブサイトに、とても納得できる一文がありましたので、以下引用します。

旅行者が目的地を選択するための意思決定プロセスには数か月かかることがあり、数千の異なるデジタルタッチポイントが関係します。
地図は単なる道案内ツールとして見られていましたが、旅行する人が訪問する前に目的地をより理解するためにますます使用されています。
旅行を予約する前に、目的地をイメージして想像できることは、旅行者にとても役立ちます。
そのプロセスを支援するGoogleのストリートビューほど優れたツールはありません。

取り組みが、YouTubeで紹介されていましたので、ぜひご覧ください。
(字幕設定で、日本語字幕も表示できます)


Googleストリートビューの撮影会社をお探しですか?

Googleストリートビュー撮影でしたら、360株式会社にお任せください
Google認定フォトグラファーが、最新の専用カメラで撮影いたします。
撮影データも完全譲渡するので、Facebookにも360度写真がご利用頂けます。

Googleストリートビュー撮影サービス概要